fc2ブログ

『孫子の至言:あらゆる困難に打ち勝つための「人生の戦略書」』:雨読夜話

ここでは、「『孫子の至言:あらゆる困難に打ち勝つための「人生の戦略書」』」 に関する記事を紹介しています。



『孫子』の言葉を現代的にアレンジし、戦争ではなく日常生活や仕事の面でどのように活用できるかを語っている作品。
『論語の一言』、『老子の無言』に続くシリーズの第3作で、慶応大学での講義内容をまとめたものだという。

例えば間者を使って敵方から情報収集する話では、こちらからも便宜を図るなど人間関係を良くしていい情報を教えてもらえる人になることなど、シンプルだがまっとうなことが書かれている。

著者の経験や出会った経営者たちの話も交えられていて、松下幸之助に成功の秘訣を聞いたら運がいいこととの答えで、運が良くなるにはどうすればいいか聞いたら徳を積むこととの回答だったことから、他人から攻撃される要素を減らすという意味に捉えていた話が面白い。

また、江戸時代に最も軽蔑されたリーダーは「自失」するタイプと書かれていて、これはリーダーでなくても一定以上の年齢になると周囲に見られるのは恥ずかしいのでできるだけ避けたいところである。

なかなか興味深かったので、前2作の『論語の一言』、『老子の無言』も読んでみようと思う。







にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 田口佳史, 孫子,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック