FC2ブログ

『悪の殺し文句  一流ヤクザ、スゴ腕営業マンの「人を動かす」決めゼリフ』:雨読夜話

ここでは、「『悪の殺し文句  一流ヤクザ、スゴ腕営業マンの「人を動かす」決めゼリフ』」 に関する記事を紹介しています。



ドラマ『半沢直樹』に登場する大和田常務の「部下の成功は俺の手柄、俺の失敗は部下の責任」みたいな処世術をするために使用される言葉を紹介している作品。

ヤクザが暴対法にひっかからないように巧妙にカタギの人に金品や利便を要求したり、子分をおだてて自ら働くように仕向ける言葉、企業でも上司が部下に面倒で割に合わない仕事をさせたり、自分に責任が及ばないようにする言葉など、ズルい言い回しが具体的な会話例とともに書かれている。

過去に上司などからこのような言葉を言われ、「それならその言葉を実際の行動や待遇に出せ!」と思ったけど口に出せなかったことも多く、実感を持って読むことができた。

このように1回か2回は効果があっても、何度も繰り返すと部下も裏を読むようになるわけで、道徳的な面だけでなく効果の面からもここぞという場面以外は使用しないのが賢明なのかもしれない。

こうした言葉が使用されることを知ることは重要なのだが、こうした言葉への対策の方がより役立つはずなのでそちらが知りたかった。







にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック