fc2ブログ

『資産を10倍にする! 株の達人が教える『会社四季報』のトリセツ』:雨読夜話

ここでは、「『資産を10倍にする! 株の達人が教える『会社四季報』のトリセツ』」 に関する記事を紹介しています。

資産を10倍にする! 株の達人が教える『会社四季報』のトリセツ
渡部 清二 エミン・ユルマズ 藤野 英人 加谷 珪一
宝島社 2018/12/7



4人の投資家たちによる、『会社四季報』の活用方法を解説している作品。
3月から『会社四季報』を読み出したが、まだまだ書かれている項目のポイントを理解しているとは言えないので読んでみた。

大化けする「テンバガー」の銘柄の探し方や、安定した会社の探し方など、著者によって投資のスタンスは異なるが、書かれているポイントはどれもためになる。

ROEに着目すること、時価総額によって大型株なのか小型株なのかの判別、事業ごとの割合や海外事業の割合の見方、時価総額や従業員数によるライバル社との比較、業界地図での業界におけるポジションなどが、それに当たる。

渡部氏は業績が赤字になっている企業は先行投資による場合もあるので初心者は見落としがちだと語っているが、これは上級者になるにつれて分かるものだろう。

また、ユルマズ氏による「『会社四季報』はデータブックというよりも現在の経済情勢を描いた小説」という趣旨の表現も面白い。

オンライン版の活用方法についても書かれていたが、月額の金額分だけ活用できる自信がまだないので、当分は書籍版だけでも十分だと考えている。

これまで以上に、『会社四季報』のコメント欄や各種項目を熱心に読もうとのモチベーションを与えてくれる1冊だった。





「会社四季報」最強のウラ読み術
渡部 清二
フォレスト出版 (2019-01-20)



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 藤野英人, エミン・ユルマズ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック