FC2ブログ

『超訳 論語と算盤』:雨読夜話

ここでは、「『超訳 論語と算盤』」 に関する記事を紹介しています。

超訳 論語と算盤
渋沢 栄一
総合法令出版 2011/5/21



渋沢栄一の『論語と算盤』を現代的に分かりやすく現代語訳している作品。

構成もすっきりしていて、訳文も読みやすい。
また、怪しい祈祷師にはまったおばを論破して迷信の打破を説いている話などが面白い。

それなのに、この手の類書を多く読んで新たな発見が減ったためか、著者の訳文が合わなかったのか分からないが、それほど好印象でもなかったのはなぜだろう?

『論語と算盤』を現代語訳した作品であれば、齋藤孝氏の『現代語訳 論語と算盤』の方がいいと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 渋沢栄一,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック