FC2ブログ

『日本人が知らない 真実の世界史』:雨読夜話

ここでは、「『日本人が知らない 真実の世界史』」 に関する記事を紹介しています。



タイトル通り、日本人が定説として知っている世界史とは大きく異なる話を語っている作品。

著者は他の著作にも書いてきた帝国と属国からなるという歴史観の他に、食べさせてくれる指導者を求める「食べさせてくれ史観」、北方の遊牧民が襲来・支配する「ドドド史観」、ある種の思想や宗教に救いを求めて幻滅したり混乱する「熱狂史観」の3つを提示し、特に熱狂史観の例にパレスチナで起こったキリスト教、ユダヤ教、イスラム教という一神教が人類に不幸をもたらしてきたと語っている。

ここまではそこまで目新しくはないが、『ユダヤ人とは誰か』、『想像の共同体』、『ユダヤ人の起源』、『サピエンス全史』の4冊に書かれている内容を紹介している部分がインパクト十分なものとなっている。

例えばユダヤ教や整った形での『旧約聖書』はキリスト教の成立よりもかなり後で、モーセやダビデ、ソロモンといった旧約聖書の登場人物はまだ出現していなかったユダヤ人ではなくエジプト系であること、ユダヤ人とパレスチナ人は使う文字は異なるが会話をすることは問題なくて元は同じで一部がユダヤ人だと意識したからユダヤ人になっただけでそれ以上の根拠はあまりないことなど、確かに欧米の人々からすると都合が悪いであろう話が多く、ユダヤ人が嫌われてきた事情も少し分かる気がする。

ユダヤ人と意識すればユダヤ人になれることから、例えばコーカサスにあったカザール王国や西欧にいた商業民がユダヤ人になった説や、インド・ヨーロッパ語族のアーリア民族とは虚構とばっさり切り捨てている話、古代のギリシア人とフェニキア人は実は同一の集団でどちらもローマに攻められた話など、刺激的な説がいくつも書かれている。

根拠を明示せずに「・・・だったに違いない」みたいな表現が多かったり、自分だけが賢くて他の知識人はバカだとする上から目線の書き方には違和感を覚えるものの、興味深い内容の作品ではある。







副島隆彦の歴史再発掘
副島 隆彦
ビジネス社 2018/12/18


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック