fc2ブログ

『いちいち気にしない心が手に入る本: 何があっても「受け流せる」心理学』:雨読夜話

ここでは、「『いちいち気にしない心が手に入る本: 何があっても「受け流せる」心理学』」 に関する記事を紹介しています。



あれこれ気にしたり悩んだりすることに対し、少しでも気をそらしたり、そこまで大したことでもないと冷静になったり、気持ちを整理したりするなど、自身の心理状況を改善するためのヒントを紹介している作品。

著者の作品は心理学を扱う性質上元々読みやすいが、この三笠書房の王様文庫から出されているものは1項目あたり数ページで書かれていてさらに読みやすい印象を受ける。

まず印象に残ったのは、年を取ったら若い頃ほどは悩まなくなるというくだりで、これは自身の経験上少し分かってきた気がする。

他にもいい方向での自己暗示をかけたり、「こうあるべき」みたいなハードルを下げたり、気持ちを紙に書き出してみる、何かしら動くことで気持ちを晴らすなど、驚くほどでもないが確かにそうだという実践的なアドバイスが書かれている。

最近考えても仕方ないがどうしても考え込んでしまうことが発生したので本書のアドバイスを実践し、多少は気持ちが楽になったところである。

読んで思い出せるように手元に置いておく、常備薬みたいな使い方ができるかと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 内藤誼人,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック