fc2ブログ

『生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話』:雨読夜話

ここでは、「『生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話』」 に関する記事を紹介しています。



村上ファンドの創設者として浮き沈みの大きい投資家人生を送ってきた村上氏と、ギャンブルでの自身の手ひどい負けを面白おかしく描いてきた漫画家の西原氏による、投資やお金に関する対談本。

西原氏のことは他の著作で知っているが、村上氏については村上ファンドに関するゼロ年代のニュースでしか知識があまりなかったので、どのような考え方をする人で、数字や記憶力で勝負できる人ということを知ることができて興味深い。

「投資は期待値から判断するとギャンブルではない」という村上氏の勧めによって西原氏とその長男が株式投資をやってみたエピソードや、仮想通貨の話もなされている。

西原氏の子育てに関する本のイメージがあってずっと小学生くらいのイメージを持っていたが、当然成長しているわけで20歳前後になっていることには改めて時の流れを実感したりもする。

知らなかったような投資などに関する新たな話はそれほどないが、村上氏と西原氏の個性の違いによる掛け合いが面白く、楽しく読むことができた。






生涯投資家
村上 世彰
文藝春秋 2017/6/21


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 西原理恵子, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
村上世彰、西原理恵子 『世界で一番カンタンな投資とお金の話』(文春文庫)、読了。 村上世彰氏といえば、ホリエモンと同時期に 証券取引法違反で逮捕された印象が強く、 長い間、私の中でもワルのイメージでした。 しかし、出所後のホリエモンの言論活動の内容に共感するところが多く、 ホリエモンは異端児とか破壊者とか非常識人とか金の亡者とかではなく、 改革派、新たな価値観を提示する人、ときどき素人相...
2024/01/01(月) | 観・読・聴・験 備忘録