FC2ブログ

『故事成句でたどる楽しい中国史』:雨読夜話

ここでは、「『故事成句でたどる楽しい中国史』」 に関する記事を紹介しています。



ジュニア向けに書かれた、日本で定着している故事成句の元となったエピソードを多く扱いながら、分かりやすく中国の歴史を解説している作品。

著者があとがきで書いているが、春秋戦国時代のような古代に多くの故事成句が生み出された一方で、唐、宋、元、明、清と後になるにつれ、こうした故事成句のストックが増えたこともあるのか、既に知られている故事成句を用いた漢詩が多く書かれるようになった話があり、中国史が途中から面白さを減じていくのと比例していて面白い。

また、これまで読んだことのある中国の幻想小説が生み出された経緯や、文学史に関する話も随所でなされていて、政治状況などとも関連していることが伝わってくるのも興味深い。

既に知っている故事成句も多いが、改めてエピソードが言葉に定着しているのは面白いと再認識させてくれる。
ジュニア向けに書かれた作品だが、しっかりした内容で大人が読んでも十分以上のものとなっている。








にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック