FC2ブログ

『戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本』:雨読夜話

ここでは、「『戦国時代前夜 応仁の乱がすごくよくわかる本』」 に関する記事を紹介しています。



応仁の乱について、背景や局面の変化、他の地方への影響、関係した人物など、項目ごとに分かりやすく解説している作品。
ベストセラーとなった呉座勇一著『応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱』ももちろんまとまっていて良かったが、本書みたいに項目ごとに解説している作品があるとさらに理解を助けてもらえる。

特に、九州、中国、四国のように近畿地方以外でどのような戦いがなされたのかや、享徳の乱・長享の乱でそれどころではなかった東国の事情、活躍が目立つ登場人物の解説などが充実しているように感じている。

本書では畠山政長、畠山義就、大内政弘、朝倉孝景あたりが印象に残る一方で、土岐氏の守護代として大活躍した斎藤妙椿があまり扱われていないのがちょっと意外に感じた。

一部の勢力図が少し見づらかったところがマイナス点だが、全体的にはよくまとまってて興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック