fc2ブログ

『世界四大宗教の経済学』:雨読夜話

ここでは、「『世界四大宗教の経済学』」 に関する記事を紹介しています。
世界四大宗教の経済学―宗教とお金、その意外な関係 (PHP文庫)
世界四大宗教の経済学―宗教とお金、その意外な関係 (PHP文庫)
白取 春彦
PHP研究所 2006-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ビジネスマンのための「聖書」入門―バイブルは今も国際社会のバイブルである (ディスカヴァー携書)
宗教の経済思想 (光文社新書)
イスラム教VSキリスト教VSユダヤ教 宗教がわかれば中東情勢が読める―なぜ陰惨なテロや戦争が続くのか!? (パンドラ新書)
仏教と資本主義 (新潮新書)
聖書に秘められたエロス (宝島社文庫 608) (宝島社文庫 608)

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教その他の宗教におけるそれぞれのお金に対する考え方をまとめている本。

元の段階からそのまま経済に関わるような実践的な教えの多いユダヤ教、利子を取ることを禁じていたはずなのにいつの間にか特に問題なくなったキリスト教、基本的に今も銀行で利子を取らないイスラム教など、教義に基づくお金の考え方が出てきてまあ面白かった。

ユダヤ教徒(=ユダヤ人)が差別されているのはベニスの商人のように誤解に基づくものも多いということになるほどと思ったり、異教徒からの盗みを肯定するイスラム教の教えはなかなかなじめそうにないと思ったりした。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック