FC2ブログ

『野原ひろし 昼メシの流儀(1)』:雨読夜話

ここでは、「『野原ひろし 昼メシの流儀(1)』」 に関する記事を紹介しています。



『クレヨンしんちゃん』に登場する、父・野原ひろしを主人公に、『孤独のグルメ』のようなノリで外で昼食を食べる作品の第1巻。

ひろしが昼メシに対するその場でのこだわりや、微妙な失敗などコメディタッチで描かれている。
あくまで「昼メシ」なので、カレーやカツ丼、回転ずしなど、一般的な店が多いのもそれっぽい。

そして、妻・みさえや息子・しんのすけが登場してもセリフのみ、姿を見せないのもいいと思う。

作者が原作者の臼井氏(故人)とは別の人が描いているため、ひろしの表情にこれじゃない感を覚えたりもするが、ひろしっぽい人物のグルメ漫画とすればまあまあ読める。

巻末には原作者のUYスタジオによる、原作と同じタッチのひろしが登場する「新・クレヨンしんちゃん」も収録されていて、これも楽しめる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック