FC2ブログ

『ビビらない技法 やさしいあなたが打たれ強くなる心理術』:雨読夜話

ここでは、「『ビビらない技法 やさしいあなたが打たれ強くなる心理術』」 に関する記事を紹介しています。



気の弱さに悩む人向けに、実際はそうでなくても気が強い人物に装うテクニックを紹介している作品。

まず、ポイントとしては自己暗示の重要性を挙げていて、ビビる人はマイナスの自己暗示をかけてしまっているので、それをせずにプラスの自己暗示をどのようにかけるかを語っている。

具体的には話し方、しぐさ、姿勢、服装などを挙げていて、自分が自信を持てるポイントをいかに意識するかという話になっている。
ここでは話している時に沈黙になってもいいから「えーっと・・・」を使わないようにすることや、人の目を見て話せない場合はまばたきをゆっくりすること、ゆっくりした動作が重厚そうな雰囲気をもたらすなどの話が印象に残った。

また、仕事では仕事そのものよりも同僚や取引先、顧客といった人間関係にこそ力を入れるべきで、対人関係を嫌がって仕事に逃げるのは良くないというくだりもその通りだろうと感じた。

終盤ではそれまでの話と異なり、「ビビること」は必ずしも悪いことではなく、周りの人のことを細やかに配慮できる人でもあるため、ビビる自分を否定的に捉える必要はないと書かれていて、気持ちを楽にしてくれる。

ちょっと意識してみようかな?という手法がいくつも書かれていて、参考になった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 内藤誼人,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック