FC2ブログ

『世界史の叡智 - 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ』:雨読夜話

ここでは、「『世界史の叡智 - 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ』」 に関する記事を紹介しています。



ローマ史を専門とする歴史学者が、2012年~2013年初めにかけて産経新聞のコラムとして連載していた51人分の人物評伝をまとめた作品。
1人当たり4ページという構成で読みやすい。

コラムという性質と時代背景から、3.11後の話や民主党政権の話、著者が好きな小沢一郎の話なども入っていて、好きではないがこれは仕方がない。

扱われている人物はカエサルや曹操、明治天皇のように多くの人が選ぶであろう人物もあるが、少し変化球みたいに思われるチョイスや、著者が競馬好きなためかダービーの語源となったダービー卿を選んだりしているなど、著者による偏りも面白い。

中でも、下記のような人物が印象に残った。
  • 十字軍の時代に外交交渉でエルサレムの引き渡しを実現したフリードリヒ2世とアル・カーミル
  • 五代十国の時代に複数の皇帝・王朝に数十年の間宰相として仕え続けた馮道(ひょうどう)
  • モンゴル帝国から(イスラム勢力を共通の敵とする)西欧諸国へ使節として派遣されて外交に当たったネストリウス派キリスト教僧侶のバール・サウマー
  • ナポレオン3世の時代、現在に続くパリの美しい街並みを整備したジョルジュ・オスマン
  • 国内の様々な勢力から嫌われながらも、イタリア統一に最大の功績があった首相のカブール

世界史で人物を約50人選ぶと人によって大きく差が出るものなのだろうと思いながら、興味深く読んだ。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 本村凌二, ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック