FC2ブログ

『土星の衛星タイタンに生命体がいる!: 「地球外生命」を探す最新研究』:雨読夜話

ここでは、「『土星の衛星タイタンに生命体がいる!: 「地球外生命」を探す最新研究』」 に関する記事を紹介しています。

関根 康人 (著)
小学館 (2013/12/2)


宇宙探査機による調査で、土星の惑星タイタンにはメタンの海や川が存在することが判明し、地球と大きく異なる環境でも生命は存在する可能性や、存在するのであればどのようなものとなるのか?などを最近の研究も踏まえて語っている作品。

著者は執筆当時30代と気鋭の宇宙科学者で、先陣として多くの有名な科学者たちとのやり取りも紹介している。

まずは太陽系の他の惑星、例えば金星や火星あたりから話をはじめ、木星の惑星であるエウロパの表面を覆う厚い氷の下に存在が推定されている海の話や、土星の惑星エンセラダスの南極からブリュームと呼ばれる水を含んだ粒子の噴出がされている話も触れ、これらもまた生命の可能性があると語っている。

さらには、観測技術の発達によって発見が相次いでいる系外惑星の話にも及んでいて、液体の水が存在するハビタブルゾーンにある「スーパーアース」と呼ばれる惑星への考察もなされている。

読む側の化学や地学の知識が乏しくて理解できた話ばかりではないものの、スケールが大きくて魅力的な話が語られていて、興味深く読むことができた。

著者はSFも多く読んでいるようで、ヴォネガットの『タイタンの妖女』で書かれていたタイタンの話が昔の作品なのに調査結果と近いという偶然や、クラークの『2001年宇宙の旅』や『2010年宇宙の旅』といった作品にも話が及んでいるところも良かった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック