fc2ブログ

『ふしぎなキリスト教』:雨読夜話

ここでは、「『ふしぎなキリスト教』」 に関する記事を紹介しています。

橋爪 大三郎 × 大澤 真幸
講談社 (2011/5/18)


宗教も専門とする社会学者2人による、日本人が理解しづらいと思われる一神教としてのキリスト教、そしてその元となったユダヤ教について、クリスチャンだったら怖くて言えないような質問も交えて語り合っている対談本。

まず、一神教としてのキリスト教を世界で最も理解していない人々として日本人がいることを挙げていて、少し驚く。
そして仏教や儒教も一神教に通じるような考え方があるそうで、多くの神々が身近に感じて生きる日本人は世界では少数派のようである。

キリスト教とユダヤ教の違いにはイエス・キリストの存在くらいでそれ以外は共通する部分が多いとして、ユダヤ教の話から始めている。

一神教では神の言葉は預言者を通してなされるが、誰が正しい預言者で誰が偽の預言者なのか分からないために多くの人々が偽預言者とされ殺された話や、複数の福音書と呼ばれる経典でも記述に不整合がいくつもある話がなされている。

偶像崇拝は、神に祈ると見せかけて神を創造した自分たち自身を祈ることにつながるのでいけないという考え方のようで、いまひとつピンとこないところもあった。
偶像があろうとなかろうと、預言者がいようといまいと、神を創造したのは人間なのでは?と疑問を公言するのはあまり良くないようである。

そしてキリスト教の地域で近代化が進んだ背景には、ユダヤ教やイスラム教のように整った宗教法がないことを挙げている。
大航海時代になったのも、宗教改革や宗教戦争でピューリタンのように宗教的に迫害された人が大量に発生して移民・植民のニーズが生まれたからという話にはなるほどと思った。
また、教義や解釈で苦しいところがある部分も、それを埋め合わせる説明のための努力が哲学や科学につながり、近代化に貢献したようでもある。

さらに、意識してのキリスト教信仰と、意識しなくても態度や行動様式に出るキリスト教的な考え方があり、後者は無神論、自然科学、哲学、共産主義といったキリスト教と対立すると思われそうな考え方にも出ているという話が興味深い。
例えば「宗教はアヘン」と公言する共産党と教会は、組織構成ややっていることが似ているとのくだりが面白い。

他にも、日本の神道で偶像がないのは日本人が本当に拝むことが大嫌いだからで、一神教で偶像がないのはあまりに畏れ多いためと書かれていて反対の理由だからと語られているなど、以前読んだ2人の対談本『げんきな日本論』とでも見られたような刺激的な意見がいくつも出されて、大いに楽しんで読むことができたとともに、一神教についての知識も増やすことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
橋爪大三郎、大澤真幸 『ふしぎなキリスト教』(講談社現代新書)、読了。 先日読んだキリスト教解説の本が肩透かしだったので、 出版後に話題になっていた本作に挑戦。 分かりやすいという感想以外にも 間違いが多すぎるという指摘が多いという問題作です。 まずは、批判を読まないまま、本作の方を読んでみました。 いつも通り、橋爪センセの、本来の定義や意味合いとは異なる視点からの 新たな定義づけだ...
2019/12/20(金) | 観・読・聴・験 備忘録