FC2ブログ

『逆説の世界史 3 ギリシア神話と多神教文明の衝突』:雨読夜話

ここでは、「『逆説の世界史 3 ギリシア神話と多神教文明の衝突』」 に関する記事を紹介しています。

井沢 元彦 (著)
小学館 (2019/10/23)


井沢元彦著『逆説の世界史』シリーズの第3巻で、前半がインドや日本の宗教が一神教に負けなかった話、後半がギリシア文明の話をしている。

一神教が広まった地域では元々あった多神教が滅ぼされるというのが世界の多くの地域で発生したパターンだが、インドのヒンドゥー教と日本の神道だけは一神教的な性質を持つ仏教を取り込み、その後のキリスト教やイスラム教にも滅ぼされることなく続いてきた「強い多神教」という話がなされている。

その理由にはヒンドゥー教は輪廻の思想、神道ではある種のゆるさや日本人のカスタマイズ好きが一因ではないかといったことが考察されている。

日本での仏教の受容については、鈴木正三などに代表される禅宗の教えや親鸞の浄土真宗の教えにあった勤労を美徳として利益を肯定する考え方が、西欧のプロテスタンティズムやカルヴィニズムなしで資本主義を成立させたという話も紹介されている。

後半のギリシア文明では、まずポリスの時代のアテネに登場したアルキビアデスという人物が民主制の弱点を利用してのし上がるデマゴーグの典型的な人物と紹介されていて印象に残る。
軍人や政治家として有能なのは確かだが、平気で裏切って敵対勢力に鞍替えする反復常ない人物で、さすがにやりすぎたのか暗殺されるという末路をたどっている。

そしてポリスの時代を終わらせたマケドニアのアレクサンドロス大王の話に移る。
アレクサンドロスによる遠征はインド西部で止まったが、これは兵たちが高温多湿なインドの気候に辟易して「こんな土地をもらっても仕方がない」と思ったためではないか?と、上層部ではなく一般の兵たちの視点から考察されている。
基本的にイデオロギーや信仰がない状態での兵はお金、女性、土地を得られなければ働いてくれないものだという話は納得しやすい。

その後はアレクサンドロスが急死した後の後継者争いのごたごたや、ソクラテス・プラトン・アリストテレスなどギリシア哲学の話がなされているが、このあたりはそれほど新たに感じる話は少ないように感じた。

本作がギリシアを扱い次がローマを扱うそうなので、これが出てくるのを楽しみにしている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 井沢元彦,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック