FC2ブログ

『帰ってきたヒトラー 下』:雨読夜話

ここでは、「『帰ってきたヒトラー 下』」 に関する記事を紹介しています。

ティムール・ヴェルメシュ (著), 森内 薫 (翻訳)
河出書房新社 (2016/4/23)


ヒトラーが21世紀の現代になぜか復活するブラックユーモア小説『帰ってきたヒトラー』の下巻。

<狂気のユーチューブ・ヒトラー>の知名度は一気に上がるが、当然ながら賛否両論となり、特にタブロイド紙の「ビルト」紙(多分日本で言えば「文春」みたいなものか?)からあることないこと記事を書かれ、ヒトラーが事務所とともに戦うシーンで盛り上がりを見せている。

他にも極右政党の本部に突撃取材を敢行して党首にインタビューをしたり、ミュンヘンのオクトーバーフェストに招かれておかしな人にからまれるなど、さまざまな活動をしていたら・・・という話になっている。

現代の人が「ユダヤ人をネタにしない」というのは倫理的な理由から、ヒトラーがそれに同意するのは「ユダヤ人はネタにならない」からといったように、同じ言葉を話していてもヒトラーと他の人々が捉える意味が違っているのに妙に話のつじつまが合うところが、本作のポイントであるように思う。

いつの間にかヒトラーが冠番組を持つようになって社会問題を斬るご意見番のような存在になっていくなど、ヒトラーが受け入れられる社会的背景は現在でもあるのでは?という警告も込められているのが分かる。

ドイツではヒトラーやナチスについては条件反射的に「悪い!」だけで片付けられているようで、このあたりは先の戦争で「日本(だけ)が悪い!」だけで片付けていく日本の左派メディアと近いものがあるようにも感じた。

ヒトラーの側近や当時の状況などもヒトラーが語っていて、かなり細かく作りこまれた作品でもあり、ドイツだけでなく多くの国で評判になったことも納得できた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック