FC2ブログ

『ローマ人の物語 (17) 悪名高き皇帝たち(1)』:雨読夜話

ここでは、「『ローマ人の物語 (17) 悪名高き皇帝たち(1)』」 に関する記事を紹介しています。

塩野 七生 (著)
新潮社 (2005/8/28)


『ローマ人の物語』シリーズの文庫版17巻で、アウグストゥスの後を継いでローマ第2代皇帝になったティベリウスの治世の前半を扱っている。

前作で血縁者を後継者にしたくて頑張ったアウグストゥスだったが諸事情でかなわず、連れ後の息子で実績・年齢ともに十分なティベリウスが第2代皇帝になったが、2代目の大変さだけでなく、甥に当たるゲルマニクスを次の皇帝に指名されていたこともあって中継ぎと見られたことで、かなり苦労せざるをえない状態で治世が始まっている。

そのティベリウスは、アウグストゥスが帝政を始めるために支出がかさんだことによる財政を健全化するための緊縮策や、アウグストゥスが始めたが少し無理があったかもしれないゲルマニアのライン川以東・エルベ川以西からの撤退など、皇帝が代わってもローマがある程度機能するための体制づくりに多大な貢献をしたことが書かれている。

ただしこの手の政策は地味で目立たないこと、緊縮策の1つとして剣闘士の試合を主催するなどの人気取り政策に消極的だったこと、あまり前線に出ずに大衆へのアピールをしなかったことなどで、ケチで陰気なイメージがついてしまったのは仕方がないことなのかもしれない。
もしかすると、どんなに人気取りをやってもカエサルやアウグストゥスには勝てないので、ハナから人気取りをあきらめていたのかもしれない。

それでもティベリウスは人材の抜擢や登用、情報収集や決断といった能力に優れていたため、例えばローマを不在にしてナポリにいた時期に有事が発生した際も的確な指示を出し、事態を収拾しているのは当時の情報伝達のスピードを考慮するとすごいことだと感じた。
まさに、人を使うことに長けた指導者だったのだろう。

政策は順調に見えたが、才気あふれ大衆からの期待も高かったゲルマニクスが病死(毒殺説もあり)、実子のドゥルーススも病死と、後継者に関してはティベリウスもアウグストゥスと同様に苦労することになる。

さらにゲルマニクスの未亡人との確執や、元老院議員たちの能力・意欲の不足にも悩まされる話が書かれていて、次の作品ではカプリ島に引きこもった後の話に続いていく。

ティベリウスは後世の史家たちからは前述の事情もあって評判が良くないようなのだが、本書を読んでいる限りでは現実主義者で堅実な人物だったことが分かる。
ただ、同時代にそのような指導者がいたとしたら、色々と叩かれただろうな・・・というのも分からないではない。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック