FC2ブログ

『北斎 冨嶽三十六景の旅 天才絵師が描いた風景を歩く』:雨読夜話

ここでは、「『北斎 冨嶽三十六景の旅 天才絵師が描いた風景を歩く』」 に関する記事を紹介しています。

安村 敏信 (監修)
平凡社 (2010/9/3)


葛飾北斎の代表作の1つである「冨嶽三十六景」に収録されている46枚(10枚は好評のため増刊)の富士山を描いた浮世絵のカラーグラビアとともに、その解説や現在におけるそれぞれの場所の情報、現在富士山の方向を向けて撮影した写真などとともに紹介している作品。

有名な「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」(通称赤富士)、「山下白雨」といった有名な作品だけでなく、特別展で観たことがないような絵も収録されていて、東は茨城県から西は愛知県あたりまでの広範囲の場所の絵を描いていることを再認識させられる。

現在は東京の都心では当然ながら高層ビルによって富士山を見ることができない場所が多いが、東京よりも東の霞が関沿岸や、千葉県の多くの場所ではきっちり富士山が映っている写真が掲載されていて、天気が良ければ思っていた以上に広範囲で富士山が見えるということに驚いたりもした。

北斎の生涯や作品について語っている解説文やコラムも、読んでみるとなかなか面白い。
例えば風景画を多く描いたことで比較されることもある歌川広重との違いは何か?というコラムでは、どちらも現実にない風景を描く場合もあるが、広重の場合は写実的に描くのに対し、北斎は構図などのインパクトを重視して描くようなことが書かれていて、確かにその通りだと納得した。

「冨嶽三十六景」についての解説によって新たに知る部分も多く、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 葛飾北斎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック