FC2ブログ

『革命家100の言葉』:雨読夜話

ここでは、「『革命家100の言葉』」 に関する記事を紹介しています。

山口 智司 (著)
彩図社 (2009/11/20)


海外ではゲバラ、カストロ、孫文、レーニン、ホー・チ・ミンなど、日本では吉田松陰、西郷隆盛、勝海舟、佐久間象山など、革命家やそれに類した人物による、印象深い言葉と人物の紹介をしている作品。

短いフレーズの中に情熱や理想が込められている言葉が多く、こうした言葉が人々を熱狂させたのだろうと思わせてくれる。

また、中南米やアフリカといった学校で習うことが少ない地域の革命家や独立指導者の言葉も多く含まれていていて、そうした人物のことを知るきっかけにもなる。

必ずしも革命家に類するとは思えない人物も多く含まれているようにも感じるが、まあそこそこという内容ではある。
できれば、人数を多くするよりも革命家っぽさが強い人物にもっと絞った方が良かったのではないかとも思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック