FC2ブログ

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』:雨読夜話

ここでは、「『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』」 に関する記事を紹介しています。

佐藤 航陽 (著)
幻冬舎 (2017/11/30)


昨今の技術動向や社会の変化から、資本主義では捉えることができていなかった価値がこれから重要となり、価値主義による新たな経済が生まれ、お金の概念も変わっていくであろうという流れでの考察が書かれている作品。

著者は時間をビジネスにする「タイムバンク」という仕組みなどで起業して上場も果たしている実業家で、学問とビジネスの経験でこれまで物理的・技術的な制約を受けてきたお金の概念と、仮想通貨やブロックチェーン、インターネット、AIなどの技術によって制約が外れて価値主義による経済が実現しつつある状況を語っているのが興味深い。

こうした新しく生まれつつある経済は、現状の経済や資本主義、お金などについて知識があるほど理解がしづらいものらしく、特に後半の内容がまだいまひとつ頭に入っていないのは、私が資本主義の概念にとらわれているためなのかもしれない。
(私にそれほどの知識があるとは思えない)

一読して十分に理解ができたとまではいっていないので、もう少し再読して理解を深めようと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック