FC2ブログ

福岡市美術館「大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、 広重、国芳 夢の競演」:雨読夜話

ここでは、「福岡市美術館「大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、 広重、国芳 夢の競演」」 に関する記事を紹介しています。


先週、福岡市美術館で開催中の「大浮世絵展-歌麿、写楽、北斎、 広重、国芳 夢の競演」(開催期間:2020年1月28日〜3月22日)を観に行った。
北斎や国芳の特別展は過去にも観に行ったことがあるが、観ていて飽きない。

歌麿と写楽はおそらくこうした特別展で見るのは初めてで、歌麿の美人画はそれほどピンときたわけでもなかったが、写楽の代表作である「江戸兵衛」の絵が見られたのにはテンションが上がった。
また、脇役の2人組を描いた絵は、サンドウィッチマンのように仲のいい芸人のコンビを連想させてくれるように感じたのも楽しかった。

北斎では有名で既に知っている『富嶽三十六景』や『諸国瀧廻り』、広重だと『東海道五十三次』や『木曽街道六十九次』、『名所江戸百景』などの他に、あまり知らなかった北斎の『千絵の海』や広重の『近江八景』といった作品が展示されていて、これだけでも観に来た意義があったとすら思った。

国芳では大胆な構図や魅力的なキャラクター描写、エンターテイメントとして様々な風刺やしゃれなどを駆使した多彩な作品が入っていて、現代でも全く古びていない面白さがあるのはすごいことだと感じる。

充実した展示を楽しむことができ、行って良かったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 葛飾北斎, 歌川広重, 歌川国芳,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック