FC2ブログ

『ローマ人の物語 (20) 悪名高き皇帝たち(4)』:雨読夜話

ここでは、「『ローマ人の物語 (20) 悪名高き皇帝たち(4)』」 に関する記事を紹介しています。

塩野 七生 (著)
新潮社 (2005/8/28)


『ローマ人の物語』シリーズの文庫版20巻で、アウグストゥスから始まるユリウス・クラウディウス朝5代目で最後の皇帝、そして暴君の代表として有名なネロの治世を描いている。

クラウディウスを利用してのし上がったアグリッピナが息子のネロを擁立し、政治では哲学者のセネカ、軍事ではブルスをつけ、通説では最初の5年間は善政だったと評価されている。
しかし著者はセネカの影響はそれほどでもなかったし、その時期がセネカの政策だとしたら実務にうとい学者らしい失敗も多かったのでは?と書いていて、通説と異なるのが面白い。

そして母のアグリッピナを暗殺、離縁した妻を殺害といった暗い部分も、派手なイベントをよく開催するので大衆から人気があり、治世の後期に恐怖政治をやりだすまでは大目に見られてきた。

例えばギリシアかぶれで歌や芸術を見せることを好んだが、才能はそれほどでもなかった?みたいで、自分の趣味で周囲の人々に迷惑をかけているのはジャイアンを連想する。
このあたりは、北宋の徽宗皇帝とか、美濃で斎藤道三に追放された土岐頼芸とかなど、芸術家タイプを前面に出す君主はいい印象がない。

ローマの大火では真摯に対応しているが、再建時にギリシア風の街路を建設したのが不評だったようである。
大火は実はネロが街を造り直すために放火したのでは?との疑いを持たれ、キリスト教徒になすりつけて迫害したという話も扱われていて、これがキリスト教世界でネロが暴君の代表になった要因でもある。
(歴史学者の本村凌二氏の作品では、迫害したのはキリスト教徒ではなくユダヤ人の一派だったんじゃ?と書かれているが)

軍事や外交でも部下への権力移譲に失敗しがちで、東方の宿敵・パルティアがローマの同盟国・アルメニアの王位にパルティア王の弟をねじ込んだ問題に対しての初動を誤り、しばらくごたついている。
ここで司令官となったコルブロという人物は、「パルティア王の弟がアルメニア王になるのを認める代わりにローマを訪れてネロから戴冠の儀式を受ける」という、それまでアルメニアと組んでパルティアをけん制するという方針から一転した合意をパルティア王と結ぶことに成功していることに驚かされた。

ネロや大衆はパルティアに合戦で勝利することを望んでいたが、パルティア王の真意(弟がアルメニア王に就任できれば他の条件は妥協できる)や、ローマ人の心情(勝てなかったパルティアの王族をローマに呼びつけるという名誉)を把握した上での実現したことから見ても、どの時代でも活躍できた人物だったのだろう

そのコルブロも軍内部で発生したネロ暗殺計画への関与を疑われて粛清され、恐怖政治となったことで元老院や大衆、さらには軍からも見放されたことで自殺に追い込まれる最期を遂げている。

ネロが死んでからはユリウス・クラウディウス朝に連なる血筋の人物が擁立されることはなくなり、スペインで反乱を起こしたガルバなどの実力者たちが争う時代に入り、このシリーズでは『危機と克服』編に入る。

巻末では、『悪名高き皇帝たち』編に登場した皇帝がなぜ悪く書かれたのかの考察が書かれている。
タキトゥスやスヴェトニウスといった、ネロより少し後の時代の歴史家が、ティベリウスからネロにかけての治世をこき下ろすことが多かったようだが、著者はこれを「資本主義が盛んな時代における裕福なマルクス主義者みたいなもの」と評していて、朝日新聞や東京新聞の言説を思い起こすとなるほどなとなる。
何をやってもやらなくても、素晴らしい善政だったとしても、文句をたれる人々は一定数いるのはいつの時代でも同様なのだろう。

決して名君ではないが、その後の勝者たちの都合で実際以上に暗君とされた感があるネロが描かれていて、後世の都合で印象が変わってくるという傾向を再認識でき、本書も興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック