FC2ブログ

『さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで』:雨読夜話

ここでは、「『さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで』」 に関する記事を紹介しています。

高田 かや (著)
文藝春秋 (2017/1/30)


先日読んだカルト村(故人の所有をしない社会を目指す農村共同体)で生まれ育ったことを描いたコミックエッセイ『カルト村で生まれました。』の続編。

前作では初等部(小学生相当)の時期を描いていたのに対し、本作では中等部(中学生相当)、高等部(高校生相当)、そして村を出てからの話が扱われている。

思春期ならではのやり取りや、作者が高等部になって配属された東海地方(三重県?)の村の本部での暮らし、世話係とのトラブルなどで高等部を辞めていた時期など、前作と同様に語られていて興味深い。

前作では時代がらもあって世話係から体罰を受けるのが当たり前みたいなところに引いたが、中等部や高等部になると理由の説明もない形での説教?とか隔離?などの描写が出てきて、これもまたきついと感じた。
一般人代表の形で登場する作者の夫も、マインドコントロールではないか?ということを語っていて、カルトの怖さの一端を知ることができる。

このような村みたいな組織があることを知らない不明を恥じていたが、後半でオウム真理教に近いのでは?と思われたり、脱税だか申告漏れだかでニュースになったと書かれていて、調べてみると「幸福会ヤマギシ会」らしいと分かり、2000年頃にニュースで観たことを思い出した。

外部からの先入観を受けずにその中で生まれ育ってきた立場からの話がストレートに描かれていて、本作もまた興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック