FC2ブログ

『お殿様の人事異動』:雨読夜話

ここでは、「『お殿様の人事異動』」 に関する記事を紹介しています。

安藤 優一郎 (著)
日本経済新聞出版社 (2020/2/11)


江戸時代の大名や旗本の人事異動、つまり国替えや幕府内での人事について、具体的な事例からその内容を解説している作品。

国替えは関ケ原の合戦からしばらく実施されていたが、幕府権力が安定してくると財政負担が問題となり、途中からは松平家や水野家、榊原家といった譜代大名の国替えがほとんどとなる。
姫路、前橋、舘林、川越などと、一定の期間ごとに国替えがなされる藩も固定しているようである。

本書ではその中でも、磐城平(福島県)から延岡(宮崎県)という最も遠い距離の国替えを命じられた内藤家の事例が扱われていて、移動先の家や後任の家との手続き、移動にかかる莫大な費用負担、商人からの借金や農民からの年貢にまつわるトラブルなど、思っている以上に大変なことであるのが分かる。
ただ、国替えによって潤う人々もいるはずなので、そのあたりも書いてほしかったところである。

後半では松平定信、水野忠邦、大岡忠相(大岡越前)、長谷川平蔵(鬼平)が幕府組織でどのように出世したり出世しなかったりしたのかが書かれている。
嫉妬や根回し、足の引っ張り合いなどが書かれていて、現在の官庁での出世争いや、自民党の派閥争いを思わせるものがあり、時代を経てもこのあたりは変わらないのかもしれない。

終盤では国替えが反対に遭って撤回に追い込まれた話、そして明治維新で徳川家が静岡藩70万石に国替えさせられた話が収録されている。

教科書などで扱われることがあまりないと思われる話が多く出てきて、それなりに興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック