fc2ブログ

『孟夏の太陽』:雨読夜話

ここでは、「『孟夏の太陽』」 に関する記事を紹介しています。

宮城谷 昌光 (著)
文藝春秋 (2020/1/4)


中国の春秋時代、晋で大臣として活躍して最終的には韓氏・魏氏とともに晋を簒奪することになった趙氏の人々を描いた連作形式の歴史小説。

  • 晋の文公(重耳)に従って繁栄の基礎を築いた趙衰(趙成子)
  • 執政として君主の廃嫡にも関与した趙盾(趙宣子)
  • 断絶の危機に瀕した時期の趙朔(趙荘子)
  • 忠臣たちに守られて育ち父・趙朔の仇を討った趙武(趙文子)
  • 士氏や中行氏といったライバルや他国の敵対勢力と戦った趙鞅(趙簡子)
  • 韓氏・魏氏とともに知氏を滅ぼした趙無恤(趙襄子)
といった当主たちに加え、公孫杵臼、程嬰、董安于、尹鐸、陽虎、張孟談といった家臣などの関係者たちの活躍も描かれている。

公孫杵臼や程嬰による趙氏断絶の危機に立ち向かった「月下の彦士」や、「老桃残記」で魯で下剋上に失敗して亡命してきて評判が悪い陽虎が趙鞅に仕えてからは忠臣として大活躍する話、趙鞅の時代に本拠とした晋陽の街に関するやり取りなどが印象に残る。

長く続いた一族にまつわる形式の連作小説はあまり読んだことがなく、もっとあってもいいと思う。
本書で扱われた趙一族は、それに耐えるだけ名君が出たということなのだろう。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 宮城谷昌光,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック