fc2ブログ

『ローマ人の物語 (23) 危機と克服(下)』:雨読夜話

ここでは、「『ローマ人の物語 (23) 危機と克服(下)』」 に関する記事を紹介しています。

塩野 七生 (著)
新潮社 (2005/9/28)


『ローマ人の物語』シリーズの文庫版23巻で、ヴェスパシアヌスの息子で後を継いだティトゥスとドミティアヌスの兄弟、そして「五賢帝時代」の1人目に当たるネルウァの時代を扱っている。

ヴェスパシアヌスから後継者として帝王教育を受けたティトゥスは真面目で評判が良かったようだが、就任して早々に発生したポンペイの火山災害への対応に奮闘し、その後に発生した伝染病で早すぎる死を迎えてしまう。

この後を受けて帝位を継いだのが元々後継者と目されていたドミティアヌスで、若いこともあってか独裁的な傾向が強くて軍部の支持が高い一方で元老院からの評判が悪かったようだが、インフラ構築、北方の国境であるライン川一帯への防壁の建設、ドナウ川北岸にいる異民族との和平など、手本とした2代目のティベリウスのように人気はなくてもかなり実績を上げていたことが分かる。

ただ、一族間のもめごとが起因してか暗殺されてしまい、これを受けて元老院は「記録抹殺刑」という処分がなされていて、ドミティアヌスの事績を記録したものの多くが破壊されているのは何か割り切れないものを感じる。
ここを読むと、ローマの帝政は元老院との関係もまた重要なポイントなのだろう。

そしてドミティアヌスの死を受けて元老院が皇帝に選出したのが、元老院議員だったネルウァで、70歳というかなりの高齢での即位となっている。
そのネルウァはドミティアヌスに見いだされて北方の軍団を率いていて人望のあったトライアヌスを後継者に指名し、在位期間が短いこともあり、ほぼこれが彼の最大の功績ということになっている。

ネロの死からしばらくは混乱が続いたが、ヴェスパシアヌス以降は概ね着実にその危機を克服した時代ということができそうで、特にドミティアヌスは再評価されてほしい気持ちがある。
次の『賢帝の世紀』がローマの最盛期に当たるようなので、これも読むつもりである。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生, ローマ人の物語,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック