fc2ブログ

『異世界居酒屋「のぶ」』:雨読夜話

ここでは、「『異世界居酒屋「のぶ」』」 に関する記事を紹介しています。

蝉川 夏哉 (著)
宝島社 (2016/8/4)


小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されているライトノベルを書籍化した作品で、以前読んだコミック『異世界居酒屋「のぶ」(1)』の原作。

話や設定はコミック版と同様だが、料理の描写や登場人物の心理などが書かれている分、コミック版での記憶と相乗効果を持って楽しむことができる。

大将の信之、給仕のしのぶ、そして途中から採用されるのエーファやヘルミーナなどの店員たちと、古都の騎士たちや聖職者、徴税人などの常連たちとのやり取りで連作が構成されている。

先月読んだ『異世界食堂 1』と設定は似ているが、本書だと決まった場所で平日も普通に営業していたり、客は基本的に普通の人間でエルフやリザードマンのような亜人種や魔法のようなファンタジーの設定がないところなどが異なっている。

WOWOWで品川ヒロシ監督で実写版ドラマ化されているのも、比較的実写化しやすそうだからという事情があるのではないかと考えている。

異世界の「帝国」や「古都」での出来事と「のぶ」での出来事や料理が関連していたりしていなかったりして、読み切りの連載ながらもそれぞれの話が関連していくので、順を追って読んでいくのが正しい楽しみ方ということになる。

コミック化、アニメ化、実写ドラマ化とメディアミックスがなされているだけあり、安定して楽しめる作品だと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック