fc2ブログ

『おれたちを齧るな!: わしらは怪しい雑魚釣り隊』:雨読夜話

ここでは、「『おれたちを齧るな!: わしらは怪しい雑魚釣り隊』」 に関する記事を紹介しています。

椎名 誠 (著)
小学館 (2019/11/28)


椎名誠の『わしらは怪しい雑魚釣り隊』シリーズの第7作。

行くことが多い関東近郊での釣りから、宮古島、伊豆諸島の新島、長崎、宮古島、宮崎、能登半島といったところへの遠征も収録されている。
能登半島では北陸放送から企画が持ち込まれてのタイアップで遠征したことが書かれていて、映像を見たいと思った。

結成から12年が経過して隊員が30人を越えている他、隊員たちの経験値が上がったのか、ドレイ隊員たちが小さめの魚をカッターナイフなどで捌いているシーンも書かれているのが面白い。
また、過去に台湾や済州島で隊員たちが世話になった現地の人が雑魚釣り隊の合宿に参加しているのも、それだけ活動が魅力的だからだろう。

関東近郊の干潟でアナジャコやマテガイ、ホンビノスガイなどを採集する回では、先生役を務めた『捕まえて、食べる』の著者・玉置標本氏も、雑魚釣り隊の料理人・トオル氏が採集した生き物をおいしい料理にしたことに衝撃を受け、入隊することが書かれているので、今後登場するのを楽しみにしている。

本書の初めの方では元気に釣り船に乗っていた古参隊員のタコの介こと樋口氏が体調を崩して最後の参加となった、大雨のために新宿の地下で仮想キャンプをした回では、普段あまり書ききれていない隊員たちの話をしているのも、話に厚みを持たせている。

ごはんをマンガ盛りにして食べる天野氏と「しろめしおかわりくん」こと似田貝氏の食べっぷりを著者が楽しみにしていたり、スポーツジャーナリストとして世界中を飛び回るドレイ隊長の竹田氏を著者の若い頃を思い出させてくれるなど、個性豊かなメンバーが盛り上げていることを再認識する。

著者が講演などで地方に出張することが集合のきっかけになったり、著者が来る前のことは他のメンバーが手記を残しているなど、隊長である著者が宴会の場にいる、ということが大切なのだと伝わってきて好感が持てる。

本書も雑魚釣り隊の魅力が存分に書かれていて、楽しませてもらった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 椎名誠, あやしい探検隊,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック