fc2ブログ

『「大家さんと僕」と僕』:雨読夜話

ここでは、「『「大家さんと僕」と僕』」 に関する記事を紹介しています。

矢部 太郎 ほか (著)
新潮社 (2019/6/26)


カラテカ・矢部太郎が描いて大ヒットした『大家さんと僕』を受けて作成された便乗本(と思われる作品)。

矢部による新作の漫画や、漫画家や作家、俳優、芸人たちによる『大家さんと僕』についての寄稿、矢部が父親で絵本作家ののやべみつのりや、手塚治虫の長女である手塚るみ子、「進ぬ!電波少年」などで矢部に無茶ぶりをしてきたT部長こと土屋敏男といった人々との対談などが収録されている。

読んでいくと矢部が愛される人柄であることや、『大家さんと僕』の制作秘話みたいなことが書かれていて興味深い。
作中に登場する「先輩」は木下ほうか、石田靖、板尾創路、ほんこんらをモデルとしていたり、後輩のギャル男芸人としてインパクトを残したのちゃーんがインタビューで顔を初めて知ったのが面白かった。

そして、T部長こと土屋氏の電波少年の頃から変わらない理不尽さも、どうしても印象に残ってしまう。

まあ、それなりに興味深く読むことができたかと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック