fc2ブログ

『傭兵団の料理番 4』:雨読夜話

ここでは、「『傭兵団の料理番 4』」 に関する記事を紹介しています。

川井 昂 (著), 四季童子 (イラスト)
主婦の友社 (2017/10/30)


異世界に転生した料理人の青年が傭兵団で活躍するライトノベルシリーズの第3巻。

第2巻でニュービスト王国編を終えたガングレイブ傭兵団は、合戦に参加したところ雇い主の領主側の無謀な用兵や敗色濃厚とみるや友軍を見捨てて逃走したことで敵軍に包囲されてしまう。

逃れられそうにないと覚悟を決めたガングレイブは、主人公のシュリにクウガ・リルとともに敵軍の主力を担う山の民の国と、海の民の国の軍を交渉で寝返らせるように命じる。

勝っている側の陣営を寝返らせるなんてほぼ無理な条件でありそれを命じたガングレイブの思惑や、結局はシュリが料理の力でどうにかするといういつも通りのベタな展開ではあるが、テンポの良さやキャラクターの魅力もあってそれなりに面白い。

本作からはWEB版にない話ばかりになっているので、より新鮮さを感じながら読み進めることができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック