fc2ブログ

『ダークサイド投資術 元経済ヤクザが明かす「アフター・コロナ」を生き抜く黒いマネーの流儀』:雨読夜話

ここでは、「『ダークサイド投資術 元経済ヤクザが明かす「アフター・コロナ」を生き抜く黒いマネーの流儀』」 に関する記事を紹介しています。

猫組長 (菅原潮) (著)
講談社 (2020/6/19)


経済ヤクザだった人物による、コロナショック後の見通しや投資に関する話などを語っている作品。

暴力団の組長だったこともあり、暴力(武力や軍事力とも言う)が基軸通貨であるドルの裏付けになっているという話は確かにそうで、そうでなかったFacebookのリブラがつぶされた話も納得しやすい。
中国に関する話では人命に関する意識が低いなど知っている話も多いが、「匿名医師」などに代表されるプロパガンダがなされた話には改めて憤りを覚える。
トランプ大統領が株価を上げるために情報操作をしているという話も、いかにもありそうなことと感じた。

また、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)についてはあまり知らなかった話が多くて興味深かった。
この中ではAppleは製造業、Googleはソフト、AmazonはサーバやASPなど、ビッグデータ以外の収益源を持つようになっているのに対し、Facebookだけは個人情報頼みで苦しいという話が特に印象に残った。

そして、タイトルにもある投資の話がなされている。
現在の相場は素人があまり手を出すべきでないことや短期取引については人間はAIに勝てないこと、それでもコロナショックのような大きな流れがあると人間の感性が勝ることなどが書かれている。

素人の投資家に欠落しているのは時間の観念だと書いていて「?」と思いながら読み進んでいくと、「これはという会社の株を長期保有する」という長期投資のことを指していて、著者のプロフィールやタイトルの印章に反してオーソドックスなものだった。
だからこそ「王道」の投資と書いていたのかと腑に落ちたし、黒社会にいた人の話がウォーレン・バフェットのような投資家と同じ結論になるのがちょっと面白い。

安倍首相が辞任を発表したことでこれからの情勢がさらに心配になるところだが、著者も語っているように希望を失わずに冷静な現状認識ができるようになりたいと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック