fc2ブログ

『英国一家、日本を食べる』:雨読夜話

ここでは、「『英国一家、日本を食べる』」 に関する記事を紹介しています。

マイケル・ブース (著), 寺西 のぶ子 (翻訳)
亜紀書房 (2013/4/9)


料理人の修行をするなど料理に造詣が深い英国人のジャーナリストが、家族4人で来日して日本食を体験する紀行文。
本書をコミック化した『コミック版 英国一家、日本を食べるEAST』を読んでいたので、入り込みやすかった。

日本への滞在期間は3か月弱で、東京、北海道、京都、大阪、福岡、沖縄など、かなり精力的に動き回っている。

焼き鳥やお好み焼き、ラーメンといった大衆的なグルメの体験から、メディアの出演が多い服部幸應氏や辻調理師専門学校を経営する辻芳樹氏へのインタビューをした上に食事に誘われる話、昆布の養殖場や酒造会社などで生産者の方々への取材などを行っていて、うまいものへの賛辞はもちろんだが口に合わないものもストレートに表現しているのが面白い。

そして、6歳と4歳の息子2人の思わぬ行動に振り回されたり、京都でゲイの青年にまとわりつかれて参るなどのハプニングも多く書かれていて、単なる旅行ノンフィクションになっていないのが人気となった一因だと思う。

けっこうページ数は多いのだが、著者の元々の文章と翻訳者の仕事の良さにより、英国人らしいユーモアと皮肉が入った文章により思ったより早く読むことができて楽しめた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マイケル・ブース 『英国一家、日本を食べる』(亜紀書房)、読了。 フードジャーナリストが、初の来日&家族連れで 100日間日本の食を食べ歩くというもの。 来日最初の夜に、新宿のデパ地下を覗いて、 そこから思い出横丁に繰り出すというアグレッシブな展開を見せたので、 「日本人の庶民の味を、妻と幼い兄弟と一緒に楽しむとは凄い!」と感動しました。 しかし、東京に落ち着いて、本格的に活動し始める...
2021/06/23(水) | 観・読・聴・験 備忘録