fc2ブログ

『幕末単身赴任 下級武士の食日記』:雨読夜話

ここでは、「『幕末単身赴任 下級武士の食日記』」 に関する記事を紹介しています。

青木 直己 (著)
筑摩書房 (2016/9/7)


『勤番グルメ ブシメシ!』やそれをドラマ化したNHKのドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」のモデルとなった、幕末の紀州藩士で江戸に単身赴任をしていた酒井伴四郎の日記から、面白そうな部分を抜粋・紹介している作品。

著者が制作に協力していることもあり、当然ながら基本的な感じは『ブシメシ!』と同じだが、長屋で共同生活する際の費用の分担や江戸の見どころ、当時の物価の話なども書かれていて興味深い。

もちろん、食い意地が張っていてよく伴四郎が作った料理を食べてしまう叔父の宇治田平三も登場していて、金銭の管理に厳しい伴四郎とはそりが合わないところも伝わってくる。
(「食い尽くし系」の人はこの時代にもいたということが分かる)
その平三は一方で職務である衣紋方(衣装担当)では他の大名家などから教えを乞う人がいるほど有能な様子が書かれていて、ちょっと意外に感じてしまった。

抜粋された原文も伴四郎の心情が伝わってくる時がしばしばあり、なかなか面白い。
全体的に楽しく読むことができたと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック