fc2ブログ

『渋沢栄一と勝海舟 幕末・明治がわかる! 慶喜をめぐる二人の暗闘』:雨読夜話

ここでは、「『渋沢栄一と勝海舟 幕末・明治がわかる! 慶喜をめぐる二人の暗闘』」 に関する記事を紹介しています。

安藤 優一郎 (著)
朝日新聞出版 (2020/8/11)


タイトルにあるように、明治時代に徳川慶喜の復権について渋沢栄一と勝海舟が対立していたというエピソードを紹介している作品。

渋沢は慶喜に取り立ててもらった恩義を強く感じている一方、勝は慶喜から敗戦処理時の交渉だけを押し付けられて役目が終わったらすぐに左遷されたことに面白くない感情を持ち、2人は慶喜に対して正反対に近い感情を持っていたことが書かれている。

さらに、渋沢は勝と初めて会った時に小僧扱いされてプライドを傷つけられたことや、勝が新政府軍との交渉をやっていた時期に慶喜から交渉方法が綱渡り的で危なっかしいと苦言を呈されて反論したなど、さらにこじれた要因も紹介されている。

慶喜は新政府軍から比較的早い段階で謹慎処分を解除されたのだが、勝の進言もあって静岡から東京に出てこなかった時期が長く、渋沢から見るとこれが「勝が慶喜を静岡に閉じ込めている」ように見えたようである。

勝からすると慶喜が東京に出てくると政争に巻き込まれる危険があったことや、慶喜自身が朝敵という立場を重く受け止めて自粛していたこともあり、期間はともかくとして不安定な時期に東京に出てこなかったのは妥当な判断だったと感じている。

それでも渋沢と勝はそれぞれの立場から慶喜の東京復帰、そして明治天皇への謁見も実現できているので、それらは非常に良かったことと思う。

そして勝の死後、渋沢が慶喜の自伝を書くという事業を始め、初めは嫌がっていた慶喜も途中からは率直にインタビューに応じるようになったことも書かれている。
その中で、勝が話したり書いたりして広まっている話で事実ではないことも多く証言していて、いかにもありそうな話だと少し笑ってしまった。

これまで意識することがあまりなかった、幕末から明治にかけての偉人たちの関係性が分かりやすく書かれており、興味深く読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 渋沢栄一, 安藤優一郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック