fc2ブログ

『ローマ人の物語 (24) 賢帝の世紀(上)』:雨読夜話

ここでは、「『ローマ人の物語 (24) 賢帝の世紀(上)』」 に関する記事を紹介しています。

塩野 七生 (著)
新潮社 (2006/8/29)


『ローマ人の物語』シリーズの文庫版24巻で、五賢帝の2人目であるトライアヌスの治世を描いている。

トライアヌスはローマ帝国の最大版図を実現した皇帝で、しかも評判が良くて「至高の皇帝」とも呼ばれていたそうだが、業績を読んでいくと確かにそう呼ばれるにふさわしいと分かってくる。

東北の国境に当たるドナウ川流域を脅かしてきたダキア族との戦いに勝利してダキアを征服し、アラビアと呼ばれていたヨルダン地方の併合、大規模なインフラ整備、福祉政策と、まさに黄金期の皇帝だったと感じる。

業績がすごすぎて逆にキャラクターが弱くなるくらいの印象すら抱いてしまう。

ただ、この「至高の皇帝」でも、これまでどの皇帝や将軍も実現できなかったパルティア征服を試みたものの、病気になったこともあって成功できなかったというのは、地政学的に限界があったのかもしれないと思った。
当時の情勢からすると必ずしもパルティアを攻める必然性があったわけでもなさそうなので、ここだけはトライアヌスの失敗だったかもしれない点なのだろう。

本作も興味深く読むことができた。
次は『テルマエ・ロマエ』に登場するハドリアヌスの治世を描いているので、これも読んでみるつもりである。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生, ローマ人の物語,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック