fc2ブログ

『ローマ人の物語 (26) 賢帝の世紀(下)』:雨読夜話

ここでは、「『ローマ人の物語 (26) 賢帝の世紀(下)』」 に関する記事を紹介しています。

塩野 七生 (著)
新潮社 (2006/8/29)


『ローマ人の物語』シリーズの文庫版26巻で、五賢帝の3人目であるハドリアヌスの治世の後半と、4人目のアントニヌス・ピウスの治世を描いている。

帝国の各地を長い時間をかけて視察した上で防衛体制の整備を成し遂げたハドリアヌスだったが、帝都のローマに戻ってからはわがままなところや独裁的なところが多く出てきたのか、一気に評判を落としていることが書かれている。

また、パレスチナでこれまで何度も反乱を起こしてきたユダヤ人を挑発して大反乱に追い込み、ユダヤ人のエルサレムから追放という現代に続くユダヤ人離散の原因を作ってもいる。
ただ、ローマ帝国におけるユダヤ人問題はカエサルの暗殺後に何度も反乱の形で出ていて、その後この手の問題が発生しなくなったことを考えると、当時の状況では1つの解決策だったのかもしれない。

業績が大きい割に元老院などに人気がないということではティベリウスやドミティアヌスと似ていて、死後にはドミティアヌスと同じように「記録抹殺刑」を受ける可能性が高かったが、元老院を説得して神格化を実現したのが、次の皇帝となったアントニヌス・ピウスである。
(どうしても実写版『テルマエ・ロマエ』でアントニヌスを演じた宍戸開をイメージしてしまう・・・)

アントニヌス・ピウスはトライアヌスやハドリアヌスのように派手な業績はないものの、先達たちが築き上げたローマの体制を安定して運用できたのか、平和な時代が続いていたことが書かれている。
歴史としてみると退屈なのかもしれないが、その時代に暮らす分には平和が過ごしやすい人が多いのは当然のことだろう。

このシリーズを10年くらい前から少しずつ読み始めて、ついに最盛期の五賢帝時代まで来たのはちょっと感慨深い。

その次の『ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉』『ローマ人の物語〈28〉すべての道はローマに通ず〈下〉』も先に読んでいて、次はローマが下り坂に入っていく『終わりの始まり』となる。

次はこれを読むか、『ローマ帝国衰亡史』あたりを読むかというところだが、少しお休みすると思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生, ローマ人の物語,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック