fc2ブログ

『ナイツ&マジック 5』:雨読夜話

ここでは、「『ナイツ&マジック 5』」 に関する記事を紹介しています。

天酒之瓢 (著), 黒銀 (イラスト)
主婦の友社 (2015/3/30)


異世界転生+ファンタジー+ロボットものというライトノベルシリーズの第5巻。

前作で発生したジャロウデク王国とクシェペルカ王国の戦争において、クシェペルカに味方したエルが率いる銀鳳騎士団が、回復した東側の領土を拠点として残る西側のジャロウデクが占領した地域への侵攻作戦を描いている。

エルが登場するイカルガをはじめとした銀鳳騎士団の幻晶騎士たちによって大打撃を受けたジャロウデク軍だったが、クシェペルカ全土をほぼ占領するのに貢献した飛行船を開発した天才技術者のオラシオが、飛竜戦艦という新兵器を建造し、老練の将軍であるドロテオがこれを操縦して暴れまわるシーンが多く出てくる。
この飛竜戦艦は雷による防御、火を吐く攻撃、高速での飛行など規格外の技術が多く使われていて、立ち直りつつあったかに見えたクシェペルカ軍を圧倒している。

また、ドロテオの養子で剣での戦いにあくまでこだわるグスターボや、今回の戦争のきっかけとなった幻晶騎士の強奪イベントを実行したケルヒルヒ(イメージとしては『機動戦士ガンダム0083のシーマ・ガラハウに近い)といった敵方の人物も専用機を駆って銀鳳騎士団に挑んでいる。

本書に登場する飛竜戦艦や、グスターボが乗る剣だらけの幻晶騎士・ソードマンといった描くのが大変そうな機体が挿絵で描かれていないのは、コミックやアニメになる前で具体的な図案ができていなかったためなのか?などと読みながら考えていた。

本作ではこれまで戦うことがあまりなかったフレメヴィーラ王国の王子・エムリスと、その乗機である「金獅子」も戦う機会があり、豪快なエムリスのキャラクターを楽しむことができたり、クシェペルカの女王となったエレオノーラの騎士として張り切るキッドの活躍も見逃せない。

もちろん主人公たるエルと乗機・イカルガも大活躍していて、ロボットもの作品らしさを楽しめる。
改めて、面白いシリーズだと再認識した。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック