fc2ブログ

『最強の鑑定士って誰のこと? 5 ~満腹ごはんで異世界生活~』:雨読夜話

ここでは、「『最強の鑑定士って誰のこと? 5 ~満腹ごはんで異世界生活~』」 に関する記事を紹介しています。

港瀬 つかさ (著), シソ (イラスト)
KADOKAWA (2018/10/10)


料理や家事、かわいいものなどが大好きな男子高校生が異世界に転生して活躍するライトノベルの第5巻。

本作では、普段は人間と同じ姿をしている人魚の吟遊詩人であるイレイシアが訓練生として初登場していて、脱水症状で倒れていたところを悠利から経口補水液(みたいなもの)を作ってもらうシーンが出てくる。

また、普段は冷静なブルックがキレた時の恐ろしさが描かれたり、訓練生や見習いたちがどのような経緯で「深紅の山猫」に来ることになったのかが語られるなど、設定の厚みを加える話が多い。
中でも、マグが見習いとなった理由や、先代のリーダーだという猫人族の女性の逸話などが面白い。

他にも、異世界ならではの害虫を退治する話や、アロイスといつも一緒にいる蛇の従魔の真の姿、食い合わせや合わせ調味料の開発など、悠利が巻き起こす騒動を安定して楽しむことができる。

食べ物の話と「深紅の山猫」に関わる人々のエピソードのバランスがうまく取れているシリーズで、本作も楽しく読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 港瀬つかさ,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック