fc2ブログ

『詳細図説 家康記』:雨読夜話

ここでは、「『詳細図説 家康記』」 に関する記事を紹介しています。

小和田 哲男 (著)
新人物往来社 (2010/3/14)


徳川家康の事績を前半では時系列で紹介し、後半ではそれぞれの時代に起きた事件の理由などを解説している作品。

良くまとまっていて分かりやすいとは思うが、少し定説通りというか古い印象があるように感じた。
そのため目次の少し後ろのところを読むと、歴史雑誌で昭和50年代頃に掲載された記事を加筆・再編集したものと書かれていて、そのように感じるのも無理はないと思った。

家康をメインで書いた作品としては著者の『徳川家康大全』や、かなり詳しく書かれた本多隆成著『定本 徳川家康』、家康の狸オヤジイメージを覆す話が書かれた小林一哉著『家康、真骨頂: 「狸おやじ」のすすめ』などの方を勧める。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小和田哲男, 徳川家康,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック