fc2ブログ

『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』:雨読夜話

ここでは、「『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』」 に関する記事を紹介しています。

堀江 貴文 (著)
小学館 (2016/9/3)


ホリエモンが『闇金ウシジマくん』で描かれていたエピソードを元に、人生や仕事、金銭などにおいてやってはいけないこと、ある種のマインドコントロールから抜け出すための方法、行動することの重要性などを語っている作品。

『闇金ウシジマくん』で転落していく人々は必ずしも珍しいわけではなく、多くの人がそうなってしまう危険があることを語っていることについては、『闇金ウシジマくん』を読んでいて薄々気づいていても改めて再認識して怖いことだと感じる。

また、自分で対応してしまおうという考えはプライドの高さによるものという話は、仕事においてそうした指摘を受けたことがあったので思い当たる節があり、困っていれば正直に困っていると語ることが必要という話は刺さった。

このように自分で対応しようという考えはプライドの他にも褒められたがることからも来ていることや、世間的な規範と思われていることに縛られて払わなくていいものを払ってしまったりやらなくていいことをやってしまうという心理が、詐欺師などに付け込まれるという話には、道徳として教えられてきた部分もあるので難しいと感じた。

さらに、北九州・連続監禁殺人事件でなされていたような洗脳の話が書かれていて、内容はそれほどでなくても哲学的に感じられる話をして引き込ませるなど、著者が「グリップ力」と呼ぶ能力のある人の恐ろしさも伝わってきた。

他にも、ブラックだったり閉鎖的だと感じた環境からはさっさと抜け出した方がいいことや、お金は信用の一形態なので一時的に資金を出しても根本的な解決にならないこと、『ワンピース』やマイルドヤンキーのような価値観への嫌悪なども書かれていて、なかなか面白い。

『闇金ウシジマくん』を使っている分だけよりどぎつく分かりやすくという面が強く、考えさせられる部分が多い一冊だった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 堀江貴文,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック