fc2ブログ

『映える幕末史~新感覚な歴史の教科書』:雨読夜話

ここでは、「『映える幕末史~新感覚な歴史の教科書』」 に関する記事を紹介しています。

スエヒロ (著), 室木おすし (イラスト)
大和書房 (2021/3/20)


パロディもの作品である『【至急】塩を止められて困っています【信玄】』『もしも桃太郎が少年ジャンプの連載だったら』の作者による、幕末・明治の時期を扱った作品。

SNS、リモート会議、チラシ、店舗内のお客様カードなど、現代にあるさまざまな媒体を幕末・明治の人たちが使っていたら…という内容で、キャラクターが出ていて面白い。

薩長同盟の会議をリモートでやっている内容や、新撰組の「お客様の声」に「芹沢村のK」という人物から「指導が行き過ぎている」という苦情に対して(土方)という担当者が回答しているもの、渋沢栄一のFaceBookの「15年前の出来事」で新撰組の近藤や土方らと打ち合わせをしていた記事が表示されるなどがじわじわくる。

文化面でも小林一茶のベストアルバム『HIGH★9』や北斎による『鬼滅の刃』に寄せた漫画『富嶽の景色』、TV番組欄の「太宰にしやがれ」や「中原中也反省会」などが面白い。
歌川国芳や河鍋暁斎、辰野金吾、福地源一郎などのネタがあっても面白かったかもしれない。

日本史の時代では古代~中世にかけてあと1~2冊くらいはネタを作れるのでは?と思っていて、続編が出ることをちょっと期待している。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック