fc2ブログ

『悲しき人形つかい』:雨読夜話

ここでは、「『悲しき人形つかい』」 に関する記事を紹介しています。
悲しき人形つかい
悲しき人形つかい梶尾 真治

光文社 2007-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
アイスマン。ゆれる
あねのねちゃん
クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ (ソノラマノベルス) (ソノラマノベルス)
つばき、時跳び
ムーンライト・ラブコール (光文社文庫)

主人公の祐介には、天才だが一般常識に欠けた友人で、ホーキング博士に使ってもらおうとボディフレームの開発に打ち込むフーテンがいる。二人は開発に打ち込める環境を求めて横嶋町へ引っ越してきたが、そこは2つの暴力団が抗争を続ける無法地帯だった。
当然ヤクザたちと無関係でいられるわけはなく、フーテンの開発したボディフレームを使わざるを得なくなった事からドタバタに巻き込まれる事になる。

梶尾作品では 『黄泉がえり』 のような叙情的な作品と、 『ヤミナベ・ポリスのミイラ男』 や 『波に座る男たち』 のようなドタバタ系の作品に大別されるが、これは明らかに後者にあたる。筒井康隆やかんべむさしにも通じるものがあり、当事者たちは必死でいるが読者からすると喜劇以外のなにものでものないおかしさがあって面白い。

[本書の文庫版]
悲しき人形つかい (光文社文庫)
悲しき人形つかい (光文社文庫)
梶尾 真治 (著)

光文社 2009-07-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ゑゐり庵綺譚 (扶桑社文庫)
ああっ女神さまっ 39 (アフタヌーンKC)
遠いうねり―グイン・サーガ〈127〉 (ハヤカワ文庫JA)
銀河英雄伝説外伝5 黄金の翼 (創元SF文庫)
鉄腕バーディー EVOLUTION 2 (ビッグコミックス)

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 梶尾真治,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック