fc2ブログ

『ときめく妖怪図鑑』:雨読夜話

ここでは、「『ときめく妖怪図鑑』」 に関する記事を紹介しています。

門賀 美央子 (文), アマヤギ堂 (イラスト), 東 雅夫 (監修)
山と渓谷社 (2016/7/8)


妖怪について、妖怪とは何かから有名な妖怪、扱われ方の変遷などをかわいらしいイラストとともに解説している作品。

書かれている文章が分かりやすいのと、優しい感じのイラストがいい関係性を出していて、雰囲気がいいと感じながら読んだ。

家康の顧問を務めるほど権威があった儒学者の林羅山ですら中国の妖怪と日本の化け物を結びつける作業をやっていたというエピソードを紹介していて、いかに日本人が妖怪が大好きなのかが伝わってきて面白い。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック