fc2ブログ

『仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方』:雨読夜話

ここでは、「『仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方』」 に関する記事を紹介しています。

沢渡 あまね (著), 白井匠 (イラスト)
技術評論社 (2017/3/8)


作業の進捗が分からない、計画を立てても期間を守れない、意見を言わないなど、職場における各人の意識だけでは改善しにくい事象に対し、どのようなプロセスで発生してどのような対応が取りうるかなどを解説している作品。

先日読んだ著者の『職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方』について書いた記事では

一番難しいのは各人の意識をどう変えてもらうか?というところだと考えている。

と書いたが、まさにそういった部分についても書かれている。

主な手法としては進捗や情報が見える仕組みを作ること、職場のメンバーの心理的な抵抗を下げることが多く書かれていて、具体的な例も合わせて書かれているので分かりやすい。

中でも、「横入り」、「やり漏れ」、「し忘れ」を防ぐためにIT業界で使われている「インシデント管理簿」を職場で共有する話が特に参考になる。
発生日時、受付者、対応者、状況、優先度などを記載することで、早目のフォローが期待できるし、そもそもその作業はこの人が対応するのが適切なのか?とか、頻度や時間から改善するポイントが探れるなど、きちんと書いてもらえれば多くのメリットがあると感じた。

できるだけ書いてもらうためにはどうするのがいいか?というところが課題となるが、まずは自分で記載してみて「このように書けばいい」と例を見せるところから始めるのがいいのかもしれない。
少しずつでも、改善の糸口をさぐっていきたい。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック