fc2ブログ

『SFマンガ傑作選』:雨読夜話

ここでは、「『SFマンガ傑作選』」 に関する記事を紹介しています。

福井健太 (編集)
東京創元社 (2021/11/29)


1970年代に発表されたSF漫画を集めたアンソロジー。
手塚治虫、松本零士、石ノ森章太郎、横山光輝、諸星大二郎など、漫画やアニメで読んだことがある漫画家の作品が多い。

また、SF作家が本業である筒井康隆の「急流」も収録されていて、短編を漫画にしたものだと思っていたら、実際は漫画をオリジナルで描いていて、ネタ切れ気味の時期に漫画をノベライズしたと書かれていたのに少し驚いた。
確かに、シュールさというか馬鹿馬鹿しさは漫画の方が適した内容だと思う。

鉄腕アトムが登場するが主人公というわけでもない「アトムの最後」、人を裁くコンピュータが運用される時代を描いた松本零士の「ヤマビコ13号」、超能力を持った少年の受難を描く萩尾望都の「あそび玉」など、当時の世相を反映しているのかコンピュータに支配される世界とか、人類が滅亡したり限られた空間でしか生きられないディストピアものが多い。

諸星大二郎の「生物都市」もそれに近い感じの作品だが、以前読んだ『妖怪ハンター 地の巻』と同様の気持ち悪さがくせになりそうなタッチで、妖怪ものを扱ってもSFを扱っても同じような感じになっているのが面白い。

手塚治虫は『ブラックジャック』などで、横山光輝は『三国志』で絵柄を見慣れている一方で、それなりの割合を占めている少女漫画はあまり読んできていないためか、少し眼が慣れない感覚があった。
これらの中では水樹和佳子の「樹魔」あたりが良かった。

絵柄や設定が古びている部分があるのは当然としても、時代を超えて印象に残りそうな作品が多かった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 筒井康隆,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック