fc2ブログ

『地球から来た男』:雨読夜話

ここでは、「『地球から来た男』」 に関する記事を紹介しています。

星 新一 (著)
角川書店 (2007/6/23)


星新一によるショートショート集。
中学生か高校生の頃に読んでいて再読する形だが、思ったよりも覚えていた作品が多い。

地球から外の惑星に追放される表題作の他、青年からある包みを預かった画家の話である「包み」、三歩歩いて死ぬという三歩病という謎の病気が広まる「向上」、人に知られないように暮らしている老人の話の「住む人」などで、オチを覚えていても面白い。

「夜の迷路」や「密会」は中国の怪奇小説(『聊斎志異』など)にもありそうな設定がいいし、「ある種の刺激」や「ゲーム」、「来客たち」なども良かった。

また、収録されている「もてなし」は「世にも奇妙な物語」で「ブルギさん」としてドラマ化されていて、他にも何作か星作品が「世にも奇妙な物語」で扱われているのを思い出した。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 星新一,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック