fc2ブログ

『“地形と気象"で解く! 日本の都市 誕生の謎 歴史地形学への招待』:雨読夜話

ここでは、「『“地形と気象"で解く! 日本の都市 誕生の謎 歴史地形学への招待』」 に関する記事を紹介しています。

竹村 公太郎 (著)
ビジネス社 (2021/5/25)


元建設官僚の竹村公太郎による、地理や気候と歴史を関連して語る作品の1つ。

他の著書と重なるところもままあるが、伊達政宗が河岸段丘の上に築いた仙台の街が治水や下水処理の観点からも優れていたこと、関ケ原の合戦では現在のように森が鬱蒼と茂っておらず禿山だらけだからこそ見晴らしが良くて大きな合戦になったという考察、石山御坊や大坂城が築かれた上町台地が上水・下水ともに便利な地勢だったことなどの話が、他の著作であまり目にしていなくて印象に残った。

また、江戸時代の後半は薪にするために伐採が進んだことで森林資源の枯渇が深刻な状態となっていた話は他の著作でも読んでいたが、出口治朗氏の歴史の本で江戸時代が日本史の中でも最も体格が貧弱だったという話を思い出し、エネルギー不足が栄養不足につながったのかも?と連想した。

好きなテーマの作品で、たまに表現が感情的になるところが気にならないではないが、誰とは言わないもののこの手の作品でまま見られる読みにくさも少なく、本書もまた興味深く読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 竹村公太郎,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック