fc2ブログ

『ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE』:雨読夜話

ここでは、「『ワールドトリガー オフィシャルデータブック BORDER BRIEFING FILE』」 に関する記事を紹介しています。

葦原 大介 (著)
集英社 (2016/3/4)


漫画『ワールドトリガー』のオフィシャルデータブック。
14巻と同時に発売されているため、それまでに登場したキャラクターが描かれている。

ただ、この時点でボーダーに所属する隊員たちの情報を作り込んでいるようで、その後に登場する隊員の名前や部隊名などは描かれているのがすごい。

また、本編を読んでいって何となく理解したつもりになっていた、ボーダーの組織やトリオンの仕様、戦いで使用される武器の特性などが事細かく書かれていて、マニアックな関心を満たすことができる。

15巻以降に登場する王子隊や生駒隊、弓場隊のことは文字のみの情報なので、できれば彼らのカットが入った第2版を出してほしいとも感じている。
(その場合、本作が古びて売れなくなってしまうが…)

巻末には『ワールドトリガー』の原型となった読み切り作品である『実力派エリート迅』が収録されていて、迅や陽太郎などは大体本編と同様の設定だが、唯我のキャラクターは同じであるものの役割が少し異なっているのが面白い。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック