fc2ブログ

『家康クライシス - 天下人の危機回避術』:雨読夜話

ここでは、「『家康クライシス - 天下人の危機回避術』」 に関する記事を紹介しています。

濱田 浩一郎 (著)
ワニブックス (2022/12/8)


来年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の主人公である徳川家康について、直面してきた数々の危機をいかに乗り越えてきたかを語っている歴史読み物。

著者が今年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公である北条義時を描いた『北条義時 鎌倉幕府を乗っ取った武将の真実』がなかなか良かった記憶があったので、この作品も読んだ。

家康の父・広忠が織田信秀に敗れて降伏して家康を人質に出していた説や、信康事件が家康主導で信長は承認しただけだった可能性、「しかみ像」が三方ヶ原の合戦後の家康を描いたものではなかった説など、最新の研究成果を多く紹介していて面白い。

単純に新しい話を紹介するだけでなく、通説でのこの話はあったと思う・なかったと思うなど著者の見解を根拠をつけて書いているのもいい。

通説になかった話がどれくらいあるかでこの手の作品は特色が出てくるので、その意味でも期待に応えている。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 徳川家康,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック